兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・神戸市・京都市で認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。

兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。|園について
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。
幼保連携型 書写認定こども園
園の特色 園の概要 園での一日と一年 園の特色
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。|園について
園の歴史と魅力
書写認定こども園は、歴史も古く、安政2(1855)年阿彌陀寺境内に設けられた寺子屋協同会に端を発しております。その後、昭和23年、「書写保育園」を開園し、昭和25年には、「財団法人 書写保育園」として姫路市より認可されました。また、平成18年に「財団法人 書写保育園」から「社会福祉法人 道心 書写保育園」となり、平成24年には、認定こども園に認定されました。そして、平成27年「社会福祉法人 道心 幼保連携型 書写認定こども園」として認可され、現在に至っております。
当園は、姫路市の書写山麓に広がる自然豊かな環境の中にあります。園庭の真ん中には、芝生があり、乳児でも安心してかけっこや遊ぶことができます。また、たくさんの花や樹木が植えてあり、四季折々の表情を見せてくれます。そして、総合遊具やジャングルジム、鉄棒、のぼり棒などの遊具もあり、こども達は日々体全身を使って遊んでいます。年中行事として、花まつりや地蔵盆、七草粥、豆まきなど、伝統行事も大切に受け継いでおり、地域の方々と共に楽しんでおります。
教育・保育では、基本的生活習慣を体得し、和太鼓指導や硬筆習字、体操教室、英会話リトミックなどの専門講師による特別教室も取り入れ、心と身体の成長を促しています。特に和太鼓指導では、足をしっかり踏ん張り、腰を入れ、力強く打つことで体幹を鍛えます。また、礼儀作法も身についています。


■園が目指すこども像
1、あいさつができる子(感謝)
2、仲良く遊べる子(共生)
3、好きなことに打ち込める子(感謝)
  です。これらの事を身に付けるため、本来の教育・保育活動は、
  もちろん、以下の特別教室等にも取り組んでいます。
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。
独自の取組について
園の目指すこども像


 あいさつができるこ


 なかよくあそべるこ


 すきなことにうちこめるこ


教育 課外活動・地域交流
【坐禅(4・5歳児/月1回)】
 静かな環境の中で専門講師により、心の集中を促し、自己を省み、落ち着きを待たせま
 す。

【和太鼓(4・5歳児/週1回)】
 専門講師により和太鼓の打ち方や姿勢などを教えて頂き、体幹を鍛えます。
 また、活動を通じ、礼儀作法を学びます。

【硬筆習字(5歳児/月2回)】
 専門講師より美しい文字の書き方や正しい姿勢を教えて頂き、文字に興味を持ちます。
 また、字を書くことを通じて集中力も鍛えます。

【英会話リトミック(4・5歳児./月2回程度)】
 外国人講師による生の英語に触れながら音楽に合わせて体を動かしたり、歌をうたい、
 楽しんで英語を学び、かつ国際理解教育の第一歩を学びます。

【体操教室(4・5歳児/月2回程度)】
 専門講師により、子ども達が運動の喜びを感じながら、鉄棒やマット運動、跳び箱など
 を通し、機敏さや忍耐力、運動機能を伸ばし、身体作りをします。

【スイミング(4・5歳児/7期:21回)】
 スイミングスクールに行き、専門コーチのもと、個々のレベルに応じたチームに分か
 れ、楽しんで泳力を身につけると共に運動機能やチームワーク力も身につけます。

【サッカー(4・5歳児/月2回程度)】
 専門コーチよりサッカーを通じて友達と協力をする事の大切さを学んだり、体力作りを
 します。また、活動を通じ、礼儀作法も学びます。

【お泊り保育】
 親元から離れ、自分のことが自分でできたことに自信をもったり、友達や保育教諭と一
 緒に様々なことに挑戦(鮎つかみ・ターザンごっこ・ナイトハイクなど)し、喜びを
 共有します。
【山登り】
 山登りを通じ、自然の素晴らしさや危険なことを通じて自然との共生の考え方やまた、
 忍耐力・就学に向けた体力作りを行います。

【高齢者施設慰問】
 高齢者の方に伝統遊び(折り紙・お手玉・あやとりなど)を教えて頂いたり、手遊びや
 歌などを通し、触れ合い、敬う気持ちを育みます。

【園庭開放】
 地域の未就園児のお子さんも園児と一緒になって園庭で遊んだり、育児について不安を
 お持ちの保護者の皆様の疑問にもお答えします。

【すくすく子育て教室】
 未就園児のお子さんと保護者の方に保育体験をして頂き、保護者間の交流や情報交換
 も行って頂けます。
園の概要
施設名 幼保連携型書写認定こども園
所在地 〒671-2201 姫路市書写2481番地
連絡先 TEL: 079-266-1080
FAX: 079-266-1098
MAIL: syosya@fancy.ocn.ne.jp
敷地面積 2299.90㎡
延床面積 1057.66㎡
構造規模 重量鉄骨造2階建
園長 永井雅子
入園定員 205名(内1号認定15名)
入園年齢 産休明け~就学前
保育時間 7:00~19:00
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。 兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。 兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。
園の概要 園の概要 園の概要
園の概要 園の概要 園の概要
園での一日と一年
園での一日
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。
1号認定:3・4・5歳児 / 2号認定:3・4・5歳児 / 3号認定:0・1・2歳児
和太鼓、英会話リトミックや体育教室、硬筆習字、音楽指導など、毎日の保育の中に専門講師による楽しい保育も取り入れています。
さらに坐禅や山登りなど、書写認定こども園ならではの特徴ある活動も!
園での一年
日本の伝統行事もちゃんと受け継いで、楽しい1年を計画しています。
4月 5月 6月
入園式
保育参観
保護者会総会
花まつり
親子遠足
歯磨き指導
7月 8月 9月
七夕会
プール開き
老人ホーム慰問
個人懇談
お泊まり保育(5歳児)
地蔵盆 運動会
10月 11月 12月
いもほり
人形劇観劇
絵画展・バザー
就学前健康診断(5歳児) 音楽フェスティバル
成道会坐禅
おもちつき
山の草採り
10月 11月 12月
七草粥
とんど
雪あそび(5歳児)
鬼追い登山(4・5歳児)
豆まき
涅槃会坐禅
生活発表会
修了式
卒園式
今月の園だよりはこちら
園での一日と一年
要望・意見・苦情・相談の集計報告
【平成30年4月1日~平成31年3月31日】
要望・意見・苦情・相談数と申し出方法 申し出の内容 処置状況
園内|口頭 5
園内|電話 1
園内|連絡帳 0
園内|投書・メール 0
園外|姫路市 1
園外|第三者委員 0
園外|その他 0
年間総数 7
保育内容 2
園運営システム 3
保育教諭対応 2
在園児関係 0
その他 0
年間総数 7
処置不要 3
周知 0
再教育 2
園運営システム改善 2
その他 0
年間総数 7
要望・意見・苦情・相談の処理報告
【平成30年4月1日~平成31年3月31日】
内容 保護者より、「娘が友達から言葉の暴力を受けている。担任の先生はご存じか」との問い合わせがあった。また、M保育教諭の子どもに対する注意の仕方も保育教諭としてふさわしくないのではとの申し出があった。 園での一日と一年 主幹保育教諭より担任のK保育教諭に確認したところ、友だち同士で仲良く生活しており、そのような事実はないとのこと。また、M保育教諭には、十分に言葉遣いに注意するとともに主幹・副主幹とで厳しく指導を行った。
内容 マラソンのよい子ネット写真について、不審者の撮影等の危険性があるということ。乾布摩擦は、医学的に効果があるのか。また、よい子ネット配信で上半身裸の写真を掲載するのは、いかがなものかと意見があった。 園での一日と一年 マラソンは園内で行う。乾布摩擦は我慢強い気持ちを養うためでもあるため、これからも継続して行う。よい子ネットは、園での子どもの様子を楽しみにされている保護者もおられ、各家庭への配信については、年度初めに写真撮影の許可のアンケートを取っていることを伝え、了承を頂いた。
内容 保護者より姫路市に「新型コロナウィルス対策として職員がマスクを着用していない」との連絡があり、市職員は「このような意見がありましたが、市としてはマスクの着用は各園に任せています」と回答しておきましたとの連絡を受けた。 園での一日と一年 保育教諭は、日々子どもたちとコミュニケーションを図っており、その中で顔の表情はとても大切であると考えている。子どもたちは、アイコンタクトをはじめ、口元の表情なども読み取り、意思疎通を図っている。そのためマスクをすることは、子どもたちに失礼であると考えるため、マスクの着用はしない。
エチケットとしてのマスクであり、体調の悪い職員は休ませている。また、余分なことかもしれないが、WHOもマスクは感染予防に効果はないと言っている。
内容 保護者より「車の車高が低く、新駐車場の入り口でこすりそうになるため、スロープ部分をもう少し緩やかにしてほしい」との申し出があった。 園での一日と一年 通常の車であればこすることはない。今後、駐車場等を新たに設計する際は検討していくことを伝えた。
内容 保護者より「卒園式後、園庭にて子ども達から担任に向けて歌のプレゼントをしたい」と依頼があり、園は了承していた。しかし、新型コロナウィルス流行のため、国・市より自粛要請もあり、歌は中止にしたいと伝えたところ、中止せずに行ってほしいとの要望があった。 園での一日と一年 新型コロナウィルスの感染拡大対策として、国・県・市の自粛要請もあり、式を行うに当たっては、人数削減と時間短縮の中で行った。園庭に移動し、歌うことにより時間が長くなるため、式後その場で子どもたちからの感謝の言葉を頂くのみとし、了承を頂いた。
内容 保護者より帰ってきた子どもを見ると砂だらけであった。子どもに事情を聞くと「年上の園児に砂をかけられた。先生には伝えていない」と答えたので、翌日の登園時にJ保育教諭にこの内容を話したが、担任のK保育教諭より話がなかった。ちゃんと担任に話が伝わっているのか」との申し出があった。 園での一日と一年 副主幹保育教諭が確認したところ、担任のK保育教諭に話は伝わっており、本児とも話をしていたが、保護者には伝えていなかった。保護者にすぐに電話でこれらの内容を伝え、早急に対応できなかったことを謝罪すると共に降園時に詳しいことを伝えた。K保育教諭には、迅速な対応を行うことを注意し、今後このようなことがないよう指導した。
内容 地域の方より平成29年度に園の管理員より暴言をはかれたり、接触されたりし、恐怖感を与えられたと伝えたことが園の苦情処理の報告で公表されていないとの申し出があった。 園での一日と一年 公表できていなかったことを謝罪すると共に、今年度の苦情報告にて公表することを約束した。管理員に確認すると不適切だったことを認め、辞職することに同意し、辞職した。
財務諸表の公開
公開請求なし