兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・神戸市・京都市で認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。

兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。|園について
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。
保育所型照隅認定こども園
園の特色 園の概要 園での一日と一年 園の特色
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。|園について
園の歴史と魅力
平成27年に開園したばかりの新設園で、建物は瓦屋根・漆喰壁など和を基調としています。園庭には芝を植え、周囲にも竹や山林に生育する木々を植え、街中にありながらも自然を大切にした環境です。園内では、吹き抜けで開放感あふれる遊戯室、廊下の一角に設けた子どもたちのお気に入りスポットの絵本コーナー、大きな窓に囲まれた明るい保育室と室内環境。行事では、日本の伝統文化を大切にし、花まつり・地蔵盆・もちつき・七草粥・豆まきと本格的に取り組んでいます。特に、地蔵盆は園児だけでなく地域の人々の参加もあり、NHKの取材も受け、大変にぎわいます。
少人数のこども園であるため、子ども一人ひとりに応じた細かい保育ができることが何よりの魅力です。保育士それぞれが、クラスの子どもたちの発達を適確に捉え、発達段階に応じた教育・保育を心がけています。晴れた日は積極的に戸外へ出かけ、体力づくりはもちろんのこと、自然に触れることで生命の成り立ちに興味・関心が持てるよう取り組んでいます。
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。
独自の取組について
園の目指すこども像


 あいさつができるこ


 なかよくあそべるこ


 すきなことにうちこめるこ


教育 課外活動・地域交流
■園が目指すこども像
1.あいさつができる子(感謝)
2.仲良く遊べる子(共生)
3.好きなことに打ち込める子(無心)です。
これらのことを身に付けるため、本来の教育・保育活動はもちろん、以下の活動にも取り組んでいます。

【山登り・散歩】
 園独自で開拓した付近の山や川での遊びを通じて自然に対する興味関心を育てつつ、
 体力づくりと粘り強い精神を育てます。

【お泊り保育】
 八瀬野外センターでの宿泊や比叡山などでの散策を通じ、大自然の中での生き方や
 人間としての在り方を感覚的につかませる訓練を行います。また、合わせて動植物が人間と
 共生していることも学習します。

【体操教室】
 専門の講師により、こどもの興味関心をはかりながら、年齢に合った運動を通じて、
 身体づくりを行います。また、礼儀作法も学びます。
【施設訪問】
 「こども叱るな来た道だ 年寄り笑うな行く道だ」。より多くの人との交流を通じ、
 敬老の精神など幅広い考え方を育成します。

【園庭開放(月1回)/子育て教室(年3回)】
 未就園の地域のこども達へも教育・保育を提供すると共に、育児について不安を
 お持ちの保護者の皆様の疑問にも答えさせていただきます。

 【公開行事】(七夕会・地蔵盆・運動会・もちつき・豆まき)
 園だけで楽しむのではなく、地域の多くの人々と共に楽しむ行事です。どなたでも
 おいで下さい。

【試食会】
 日ごろ、こどもたちが食べている給食の味を保護者に味わっていただくと共に、
 保護者の皆様からの意見を取り入れて、より充実した給食にするための行事です。
園の概要
施設名 保育所型照隅認定こども園
所在地 〒615-0901 京都市右京区梅津南広町66番地2
連絡先 TEL: 075-201-0120
FAX: 075-861-3532
MAIL: shouguh@office.eonet.ne.jp
敷地面積 609.47㎡
延床面積 277.67㎡
構造規模 鉄骨造3階建
園長 岡﨑信子
入園定員 92名(内1号認定2名)
入園年齢 産休明け~就学前
保育時間 7:00~19:00
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。 兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。 兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。 兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。 兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。 兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。 兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。
園での一日と一年
園での一日
兵庫県姫路市の社会福祉法人道心は、姫路市・加古川市・京都市・京都市に認定こども園を運営しています。幼稚園、保育園をお探しの方は一度ご相談を。スタッフの求人も募集中。
1号認定:3・4・5歳児 / 2号認定:3・4・5歳児 / 3号認定:0・1・2歳児 /
日本の伝統文化を大切にし、「花まつり」「地蔵盆」「もちつき」「七草粥」「豆まき」といった行事に本格的に力を入れております。
山登りや座禅なども取り入れ、心身共に成長できることを願っています。
園での一年
日本の伝統行事もしっかり受け継ぎ、地域の方と一緒に楽しんでいます。
4月 5月 6月
入園・進級式 花まつり
親子の集い
園外保育(4、5歳)
歯磨き指導
7月 8月 9月
七夕会
プール開き
個人懇談
お泊まり保育(5歳児)
地蔵盆 施設訪問
運動会
10月 11月 12月
いもほり
運動会
造形展
就学前健康診断(5歳児)
成道会坐禅
おもちつき
10月 11月 12月
七草粥
雪あそび(5歳児)
豆まき
生活発表会
修了式
卒園式
今月の園だよりはこちら
園での一日と一年
要望・意見・苦情・相談の集計報告
【平成30年4月1日~平成31年3月31日】
要望・意見・苦情・相談数と申し出方法 申し出の内容 処置状況
園内|口頭 2
園内|電話 2
園内|連絡帳 2
園内|投書・めーる 0
園外|京都市 1
園外|第三者委員会 0
園外|その他 2
年間総数 9
保育内容 1
園運営システム 1
保育士対応 3
在園児関係 1
その他 3
年間総数 9
処置不要 0
周知 5
再教育 2
園運営システム改善 2
その他 0
年間総数 9
要望・意見・苦情・相談の処理報告
【平成30年4月1日~平成31年3月31日】
内容 園外保育で使用した療育手帳が、他児の物と間違ってカバンの中に入っていた。隠したいことを公にされてしまった。 園での一日と一年 謝罪後、療育手帳を自宅まで届けた。今後は事務所にて預かり、直接手渡す事にした。
内容 近隣より「植樹した樹木で駐車場からの見通しが悪くなるので植え替えてほしい。」との連絡があった。 園での一日と一年 低木を植えることで配慮していることを伝えた。また、遊び場の日陰を確保する目的である旨も伝えた。
内容 京都市はぐくみ室より「園の隣家の方より園に対し木の植え替えを要求したが園の方で取り合ってもらえないとの電話が市の方へあった。」との電話があった。 園での一日と一年 京都市保健協議会連合会からの寄付であり、子ども達の遊び場の日陰確保のためと言うことで、隣家からの要求には応えられないことを伝えた。
内容 近隣より、「駐車場の看板が見えにくくなったので、木を取り除いてほしい。」との要望があった。 園での一日と一年 看板を2階に取り付けてはどうかと提案した。後日先方の依頼により、主幹が門扉に看板を取り付けた。
内容 2歳児地父親より「お迎えのラッシュ時に、駐車場に車が停まっていることで、自転車が歩道や車道に出ており危険である。」との意見があった。 園での一日と一年 体操クラブの講師の車であり、今後コインパーキングを利用してもらうように講師にお願いした。暫くは送迎時に主幹が保護者の駐輪指導にあたるようにした。
内容 3歳児母より、「子ども主体の保育ができているのか」との意見があった。 園での一日と一年 担任と日々の保育について話し合いをし、言葉遣い、保育内容について指導をした。
内容 3歳児母より「同じクラスのM君がわが子に対して暴言を吐いた。M君の母に抗議を申し込みたい。」との申し出があった。 園での一日と一年 主幹と担任でM君の母に相談したうえ、M君の母と申し出者で話し合いの機会を設けた。言葉遣いに関してもクラスで指導するようにした。
内容 5歳児母より「園外保育でお弁当を持たせたのに、食べずに持ち帰ってきた。担任からはなぜ食べずに持って帰ったかの連絡・説明がなかった。」との苦情が入った。 園での一日と一年 母親と担任、引率保育教諭・主幹とで話し合いの場を持った。担任が食べられたかの確認を行うとともに、本人が食べられるように園と保護者とが協力しあうことで納得いただいた。
内容 3歳児母親より「右手の手のひらに傷があったが、担任より連絡・説明を受けていない。不安だ。」との苦情があった。 園での一日と一年 母と担任・副主幹とで話し合いを持ち、小さな怪我でも保護者に伝えるよう職員に周知し、園庭の清掃管理を再度見直しすることを約束して、謝罪した。
財務諸表の公開
公開請求なし